読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうウゴウケン

Z125PROや映画・写真・ゲームが程よく好き

『キングコング:髑髏島の巨神』微バレ含む

キングコング:髑髏島の巨神

wwws.warnerbros.co.jp

 

本日、やっと鑑賞。

微バレ含む。

核心ネタバレは、隠しております。

 

B級映画っぽく振り切ったポスターが気に入らないけども、映画はとても良かった。

キングコングが人型である為、「ゴジラ」よりかはパシフィック・リムの「イェーガー」寄りのアクションだった。パシリムのアクションが良かった人には鉄板の作品である。

骨太なキングコングのアクションは、プロレスラー対異形種を観ているようなワクワク感。

 

スカルクローラーとのバトルで木の枝を手でこそぎ落として丸太を作った瞬間にすげえ映画だと震えた。

武器を作る知能を持ち合わせている表現に感動し、フルスイングした瞬間に笑ってしまった。

 

 

以下、核心ネタバレを含んでおります。

 

 

エンドロールで「GODZILLA , MOTHRA , KING GIDDRA by TOHO~」みたいな表記がありエンドロール後の展開が読めてしまった…。

だが、身構えたこっちを軽々と超える興奮を与えてくれた。

スクリーンで聴くゴジラの鳴き声は堪らない。

彼の鳴き声こそ、映画館の音響にあう音声No,1だ。

 

ゴジラVSキングコング』は、2020年公開予定。

www.cinema-frontline.com

また死ねない理由が出来てしまった。